2006年10月

山形発 「もってのほか」

 時差ボケ後のパワー不足と仕事疲れ  暗くなってからのチャリ通勤は  少し物寂しいかな ・・・
 家々の明かりに 温かさを感じたり    花屋に並び始めた真っ赤なシクラメンに微笑んだり・・・
 こんな日は 家がとても遠く感じるから  「 一歩一歩おうちだよ~ 」と 自分を励ましている(笑)
 
 玄関の鍵を開けようとすると・・・ ドアーの中から「 ニャ~ン 」という声 
 「TORAちゃんは 私が旅している時 こうして毎日 玄関で待っていたのね~ 」と思うと
 優しく「た・だ・い・ま~ 」
 TORAちゃんは熱烈歓迎  あちらこちらにスリスリ 喉はゴロゴロ それがまた可愛い!

 しばらくすると、山形から食用菊「 もってのほか 」が届いた!!
 独特の風味と味の良さ、美しさから食用菊の王様と言われている
 昨年は海苔巻きにしたっけ・・・ しゃきしゃきとした歯ざわりを思い出す

 「そうだ! 沢山いただいたから、明日の朝友達に届けてあげよう 」
 寝坊しなければね・・・ TORAちゃん、頼りにしてますよ~
 img20061030.bmp
061030_212521.jpg
 

TORA姉の好きなスウィーツ

オーストリア・ウィーン着
  写真はオペラ座だが・・・ 二人は オペラ座の裏にある 「ホテル・ザッハー」 を目指した
  TORA姉は  ここのザッハー・トルテを密かに楽しみにしていた            
           濃厚なチョコレートケーキと生クリームを  美味しそうに食べる
  私は隣で    幸せそうな横顔を眺めながら  のんびりとビールをいただいた
           「 好みは違うけれど 一応親子ね・・・ 旅も明日で終わりね・・・ 」と思いつつ
           ウィーンの夜を楽しんだ  
20061025020111_M.jpg20061025022446_M.jpg

驚きました

 プラハからバスで 5時間30分(330km)スロヴァキアの町 プラチスラヴァ
 16世紀~18世紀にハンガリー帝国の首都として栄えた ドナウ川と静かな町が印象的
 続いて
 ブラチスラヴァからバスで 4時間30分(245km)ハンガリーの首都 ブダペスト
 美しくライトアップされた ドナウ川にかかるくさり橋やブダ王宮や教会にうっとり
 「 さすが ドナウの真珠 」 と思っていると!
 町のあちらこちらに人が群がり 静かなデモ行進のよう・・・ ガイドも状況が分からず・・・
 バスの運転手は次々と道を変えるが 行く先々で閉鎖されている (皆 内心不安そうな顔)

 しかし 動揺を見せないバスの運転手とガイドの対応がお見事
 運転手は 何の表示もない道を何度も変更  一歩通行を逆走せざるを得ない時も 冷静 
 ガイドは 時折運転手に「クローズ・・」と言うものの  客に配慮するように町の案内を続ける

 ライトアップされたくさり橋を渡る時に 目の前で花火が打ち上げられた時は
 皆で思わず歓声!
 歓声は一瞬で・・・ また映画のワンシーンのようにバスは走り続ける・・・ 
 日本だったら 大きな道路閉鎖には必ず表示されるだろうな~と思う

 内心 諦めかけた頃 無事ホテル着  思わず拍手拍手
 デモ行進の理由は 1956年ハンガリー革命記念日によるものだった

 翌日は ドナウ川を挟んだ美しい中世の町ブダペストに   また タイムスリップした           
photo_2.jpg

061024_165918_M.jpg 

散策とランチ

061022_173912.jpg  町のいたるところに 塔が林立

  「百塔の町」とも称される プラハ歴史地区

  世界遺産にも登録

  よく保存された中世の町並みに タイムスリップする

  ゆったりと流れるヴルタヴァ川沿いに見える プラハ城

  レンガの屋根が一面に広がる 町の景色

  広く青い秋の空が 美しさを際立たせ

  人々の穏やかな笑顔が 思い出される

  プラハ城から旧市街広場への散策
  
                        photo_2.jpg
   

  散策後のランチは チェコ料理
  「クラーシュ」という料理は 牛肉を煮込んだシチュー  
  大きなソーセージとケネトリーキが添えられている

  ケネトリーキは、蒸しパンのようなもの
  小麦粉・卵・牛乳をこねた生地を茹でたもの

  シチューの味が濃いので 
  味のないケネトリーキがマッチして 美味しい
  海のない国ならではの
  お肉と野菜の美味しさを感じる

  ただ・・・チェコはサービス満点 量が多い
  何処に行っても TORA姉と二人で一人前を注文

  懐かしい・・・
  チェコのブドヴァルビールとチェコ料理

無事帰国しました

  中欧周遊7日間の旅は、ウィーンから始まった061021_210413.jpg
 
  ウィーンからバスに 4時間50分乗車
  チェスキークルムロフ
  歴史を感じる美しい街並みに
  ゆったりと時が流れていた
  そして「 私は、ここに来たかったんだ・・・ 」と
  ひとつひとつの景色を 心に刻んだ
061021_191310.jpg

 と、思い出す今は、すでに帰国した現実の世界
 11時間の飛行も、バスの長旅にも元気をいただいた気がする
 こうしている時も、甘えて膝に上にいるTORAちゃん・・・ 久し振りの温かさと、重さがずっしりびっくり
 改めて「 TORAちゃん、ただいま! 今日から、またお仕事頑張りますね! 」 と思いつつ・・・
 「 脱日常だったけれど、 日常に感謝しながらの帰国でしたよ  おやすみなさい 」 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ