2007年03月

いよいよ桜の季節

070331_094036.jpg 3月最終土曜日の朝
 私はチャリで仕事に向かう
 川沿いの桜の華やかさに 思わず立ち止まる

 小学生の男の子が 
 橋に寄りかかりながら 一人絵を描いている
 私が隣に立ち 「ごめんね 写真を一枚撮らせてね」 
 と言うと
 一瞬振り向いて また熱心に描き始めている

 私は 「この先の大きな川には 
      古木の桜が 川面を隠すように咲き
      きっと豪華絢爛だろうな ~ 」
             と思いながら また職場に向かう
 
 桜を眺めながら散歩する人
 絵を描く人
 私のように 気になりながら通り過ぎる人
     みんな同じ思いになる光景が いいですね・・・
 

 

TORAは甘えん坊

070320_080827.jpg 誰でもみんな 本当は 寂しがり屋で甘えん坊
 TORAちゃんも 一緒だね 
 朝日の出 私が出勤する時は 未練の視線・・・

 夜流れ星 玄関で待つTORAは ひたすら甘えん坊
 あらら いつの間にか膝の上で眠ってる

 体制崩れて 寝息が聞こえる 
 これからTORAブログ書くのに 重いですよ
 なんたって 5キロのお米の袋だからね・・・汗

 でも TORAちゃんの気持ち凄~く分かるよ
 最近のSORAは 仕事ばっかりだし
 話題は アンのことばっかりだし ごめんね
 でもでも~ そろそろ~ 重いんですけど・・・泣く070329_232346.jpg

最後のおひさま卒園式

070327_084719.jpg 3月27日(火)は おひさま卒園式の日
 卒園する子ども達は6人
 ゆっくり 車椅子で移動して入場
 みんな緊張しながらも 真剣な表情が可愛い

 私は 小さな子ども達のひとり一人に
 卒園証書を手渡しながら感無量だった・・・
 特に
 出席できないお子さんの名前を 読み上げた時
 泣きそうになったよ・・・

 小さな史ちゃんもびっくり ママもびっくり
 パパもびっくりお姉ちゃんもびっくり頑張りましたね 拍手

 改めて・・ ご家族の皆さんに 卒園おめでとうクラッカー
 手作りの卒園式は
 最初から最後まで みんなが涙・涙だったね
 寂しいけれど 温かい涙にありがとう
 これからも ずっとずっと 友達だよ・・・ラブ
 

素敵だろうな杏の里

アンの名前は杏のアン、 杏の花を思うたびに思い出す村がある。
それは、まだ訪れたこともない 「 パキスタン・フンザ地方のヒンディー村 最後の桃源郷 」花

この村を知ったのは 今から20年ほど前のこと・・・
私の学んでいた少林寺拳法の道場で出会った、ペン画家の純子さんが 6年間暮らし描いた村である。 
純子さんが、画家のご主人とネパール・インド・スリランカと絵を描いて歩いていた時に、パキスタンの山奥にあるフンザは、旅行者に解放されたばかりの、地球に残る最後の桃源郷と、耳にしたとのこと。

帰国して「ヒンディー村」というペン画を出版した。私はこの本を読んで、あまりの凄さに驚かされた。
それは、電気はない、トイレはない、ノミ・シラミ・ダニ・南京虫に悩まされたとか、雨漏り当たり前とか・・・
それでも、純子さんは書いている 「こんな苦労があっても村の生活は素敵だ。春になれば、たんぽぽ、杏、りんご、桃の花が次々に咲き、村一杯甘い香りで埋まる・・・」と話が続く。本当の画家だね・・・

img20070325_1.jpg

ある日、純子さんに会った時に「純子さんの生き方に尊敬している」と、私が言うと・・・「仕事をずっと続けているあなたの方が凄いことなんだよ」と返してくれた。私は、彼女の意外な言葉にポカンとした。
この時の会話は、その後、仕事に疲れた時や、悩んだ時に時々思い出す。
最後の桃源郷フンザには暮らせない私だけれど、純子さんの言うように本当に素敵なんだろうな・・・



心に残るあおぞら卒園式

 3月23日(金曜日)穏やかな青空の日  可愛い7人の子ども達の 「あおぞら卒園式」 開催 太陽  
 子ども達が可愛いワンピースや お洒落なスーツ姿で入場  みんな大きくなったね ・・

 私は子ども達の成長した姿と 後ろから見守る保護者の皆さんの姿に ひとり胸が熱くなった 
 あおぞらキッズには 発達に不安を抱えた子ども達が入園する そして元気に卒園していく姿が嬉しい
 保護者の皆さんとは 共に泣いたり笑ったり 子ども達のために一生懸命な時を過ごしたね ・・・
 これからも体に気をつけて 親子で頑張ってね ・・・ そう思いながら また ひとりでウルウル 悲しい 070323_084147.jpg

 園長先生からの卒園証書授与 
 みんな少し緊張しながら ちゃんと足型の上に乗って
 上手に受け取ることが出来たね 拍手
 アメリカに転居した茜ちゃんからの祝電 飛行機 
 茜ちゃんの名前が紹介されると
 すぐに夏ちゃんが 「茜びっくり」 と嬉しそうだったね 笑い

 いつもお世話になっているボランティアさん
 実習生のお姉さん達 
 そして育児休業中の
 宮先生と志先生も駆けつけてくれたね ・・ 
 みんな涙しながらも 元気に手を振る姿が心に残る

 また明日から 元気な一歩を踏み出そうね
 卒園おめでとう クラッカー
 
 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ